印刷

身近で重要なデザイン

永続的な宣伝媒体

女性

人間というものは文字だけでは上手く認識ができないものです。それよりは絵を活用するほうが良いでしょう。文字より絵の方が記憶に残りやすく、かつ文字と併用することでその効果はさらにアップします。 こうした方法を採っているもので最も身近なものは企業ロゴでしょう。どのような商品にも企業ロゴは描かれているものです。また、街中ではそれは看板となります。 様々な店舗には看板が飾られています。看板は店舗を象徴し、お客様が受ける最初の印象となります。店舗の外部において最も露出するパーツというのは看板なのです。道を歩いていて目を引く看板があるだけでその店は人の記憶に残ることになります。 このように、店にとって看板は優れたレイアウトとなるのです。

固定タイプにおける注意

看板は何と言ってもその対コスト効果が非常に高いことが挙げられます。デザインにもよるのですが、良いデザインを得られたならばその効果はより高いものとなるでしょう。また、ティッシュペーパーやチラシといった一回限りの配布物に比べて永続的な効果をもたらします。一定期間ごとに宣伝のための予算を計上する必要の無い、優れた宣伝媒体なのです。 看板には様々な種類があります。店舗に固定されるものもあれば、営業する時にだけ外に出すものもあります。特に固定するタイプのものは長い期間使用しなければなりません。なぜならメインの看板というものは店の代名詞となるので、気軽に変更しては認知されなくなる恐れがあるからです。これをデザインするときは熟慮を重ねなければなりません。